1月11日帯広ポケモンオフ会レポート

IMG_0300.jpg

最高に遊びつくしたオフ会でした

1月11日の帯広ポケモンXYオフ会
http://eventpresent.info/archives/328

人数的には20人くらいと、オフ会的にはちょうどよい人数だったのではないでしょうか。

参加者の年齢分布は大人と子どもが半々でした。

子どもと大人が互いに全力で遊べる空間は、いいものだと感じました。

たくさん続く↓

IMG_0300

どうやって遊ぶのかを考える

この日遊びに来た一人の小学生男子は、「何かして遊ぼうよ!」と私に言ってきました。

今回のイベントは、ポケモンゲームのオフ会でした。

オフ会は大会と違い、決められたスケジュールが無く、会場には同じ趣味の人とポケモンがあるだけです。

楽しく大好きなゲームだとしても、4時間もの間、ただ同じものをやり続けることは苦痛になります。

つまり飽きてしまうんですね。

その男の子は「何かして遊ぼうよ!」と私にいう30分くらい前に、実はポケモンパトルをしていました。

しかし、声をかけてくれた時は何もやることが決まらず、手持ちぶたさで、暇だったようです。

 

「何か」とは何でしょう?

このオフ会の空間では、皆が好きにお話をしたり、ゲームをしたりしています。

彼への私の返答は

「何かって何ですか?先ほどは、私があなたに『ポケモンバトルをしよう!』と誘いましたね。あなたとポケモンバトルをしたら、楽しいだろうと思ったから誘いました。そして私は楽しかったです。」

「だから、今度はあなたが私を誘ってください。あなたが「楽しそうだ」と思う遊びに、私を誘ってください。」

小学生の彼は、しばらく(私に対する物理的なイタズラを行いながら)考えて、私に言いました。

「よし分かった。またポケモンバトルをしようよ。今度は負けない。伝説のポケモンを使ってお兄ちゃんをやっつけてやる!オレの力を見せてやる!」

「面白そうだな。その勝負受けてやるよ!」

 

楽しいを生み出す仕組み

いくら素晴らしい遊び道具が合ったとしても、その道具におんぶにだっこでは、楽しさは永続しません。

そして、楽しさを他人に求めているだけでは、楽しさは品切れしてしまいます。

IMG_0297

写真は、マルチバトルの様子(一人1体のポケモンを使って、2VS2で対戦を行う)です。

その日初めて出会った子どもたちが、遊びのルールを試行錯誤し決め、遊び始めました。

思いついた人に呼応し、互いにルールを確認し合いながら、秩序を生み出し、遊びに没頭していきます。

 

楽しさを生み出す仕組みは「思考・提案・共有」の3つです。

その源泉は、ゲームが大好きだ!という明確な意思です。

遊びつくそうという強い思いです。

 

今回のイベントでは、私が見たかったものが見れた気がしますねぇ。

 

ポケモンのお話

今回は、前回大会で優勝したお二人も一緒に遊びました。

やはり対面でのガチバトルは燃えますね!いいものです。

対戦の後は、すぐに検討会を行いました。

どこが勝負の分かれ目だったのか?ポケモンの調整の仕方・構築の論理についてなどなど。

これが、すごくためになりました。wifiでの対戦では、成し得ないことですね。

(有名なポケモンバトル実況者さんが、フレンドとの対戦の後にスカイプで行なっているお話し合いって、もしかしかしたらこんな感じなのでしょうか?)

 

私事

先日シングルレート1950↑行きました。295位くらいだったと思います。

ただ、今は1850くらいまで下がってしまいました(´・ω・`)

目標は2000↑です。目指せ2桁順位!!

 

告知

次回イベントについては、近日中に重大発表を行いまして、その時に発表致します。

Event Present 進化の時です。現在準備中であります。

因みに発表の内容には、ポケモン要素を含みます。あと2月9日(日)になります。ご注意ください。

お楽しみに♪

 

おーはし
twitter: @miraru_mitos



Comments are Closed

© 2017 Event Present